セックスの前の正しい前戯の仕方

男性は誰もが一緒にセックスする女性にイッてもらいたいと思っています。しかし、闇雲に力任せに前戯をしても痛いだけです。まずは正しい前戯の仕方について考えてみましょう。

女性が感じているかどうか、イッているかどうかを男性の皆さんはどこで判断しますか?多くの男性はおそらく、女性の濡れ具合で判断していると思います。そしてもっと濡らすために、「激しく腰をふるピストンが気持ちいい」「女性のイヤはもっとして欲しいの裏返し」「指で強く触ったり出し入れしたりしている」という考えでセックスを行っている男性が多いと思います。

しかし、はっきり言わせていただきますと、それは間違いです。

濡れない影響はホルモンの関係

濡れないのは感じていないため、と考える男性は多いと思いますが、女性が「濡れない」のには、緊張やストレスや女性ホルモンのバランス等、色々な理由が考えられます。

また、男性が視覚や感覚などの、五感から伝わる刺激で興奮し、セックスをしたくなりますが、女性の性欲は、月経のリズムと密接に関わっています。男性が濡れていなので感じていないと思って落ち込んでいたのは、実はホルモンバランスの影響だったなんてことも少なからずあるように思います。

女性も濡れにくいことに罪悪感を感じて自分を責めたりすることもなく、ホルモンバランスの影響とわかっていれば、悩まずにすんだかもしれません。でもセックスにもタイミングもあるし、ホルモンバランスの影響ばかり考えていられません。ホルモンバランスが乱れているときでも、セックスをしたい時もあるはずです。ではそんな時にどうやって濡れやすくするのか、それを考えていきましょう。

相手を思いやる前戯とは

では、2人がセックスしたい時に女性が濡れにくい状態だったらどうしたらいいのでしょうか?

あまり濡れていない状態で挿入しても、いい結果を得られません、初めは痛みを感じなくても、時間が経過するにしたがって、乾いていき痛みを感じるようになります。これを性交痛といいます。乾いたまま挿入することで、摩擦で粘膜が傷つき、そこから感染症になる可能性もあります。もし感染症にならなくても、そういった行為が続けば、女性がセックスが億劫になったり嫌になってしまいます。

そうならないためにも、男性は女性をイカせるのを目的にするのではなく、濡らすことを目的にし、できる限り濡らしましょう。いつもより、時間をかけた前戯をしたり、優しく抱きしめたり、緊張を解したり、焦らないような2人の空気を作りましょう。そして女性の気持ちに寄り添って、濡れてくるのを待ちましょう。

どうしても濡れない時は

時には、男性が時間をかけて前戯をしてくれても濡れにくい日もあるでしょう。そういった時女性は、頑張ってくれたパートナーの気持ちに応えれないと自分を責めてしまうものです。

そんな時はおもいきってローションを使ってみて下さい。ローションで潤いを補うことで、乾いて痛みを伴うセックスより、何倍も気持ちいいセックスをすることが可能です。ローションを使ってもいいかなと少し勇気を出してパートナーに伝えてみて下さい。もちろん男性から提案してもいいです。優しく潤いをもらせて、痛みの原因を解決するだけで、2人で気持ちいい満足できるセックスをができるはずです。

franの性感マッサージのよくある質問はコチラ

[blogcard url=”http://www.girls-adult.net/よくある質問/”